メニューを開く
中小企業の悩みを解消し、
成功へと
ウェブ
戦略。

01
ホームページの
必要性

圧倒的に増えたWeb利用者

インターネット普及率:82.8%
利用頻度毎日少なくとも一回:74.1%

スマートフォンの普及によりいつでもどこでも情報提供ができる時代になりました。
スマホでお店を探したり、スマホの中だけで商品が売れ、ビジネスマンたちも毎日のようにインターネットで情報収集をしています。
すでにインターネットは私生活でもビジネスでも欠かせないものとなっています。

インターネット利用頻度のグラフ

会社・お店にとって
ホームページは信用

想像以上に必要とされているインターネット上での情報。
たとえば久しぶりに虫歯ができていきつけの歯医者が無かったらまずインターネットで検索すると思います。そのとき、家の近くに歯医者があると思っていたのに検索にヒットせず、そこより少し遠い歯医者のホームページがあったら後者のほうが圧倒的に有利な結果をもたらすことでしょう。またチラシなどとは違い必要な時に必要な人へ情報を届けることができるのもインターネットならではです。
そして中小企業にとってホームページとはインターネット上の名刺でもあります。取引先やお客さんは必ずと言っていいほど取引を検討している企業名でWeb検索をするので、その時点でホームページがなければ他のライバル企業と競争する前に取引相手から除外されてしまうことにもなり兼ねません。 ではホームページは持っているのに効果を実感できないということが起こるのはなぜでしょう。

成果の上がらないホームページが
出来ていないこと

成果が上がらないホームページはどこに原因があるのか?チェックすべきポイント

「自社のホームページにどのような役割を与え活用するのか」をしっかり考えて作られているか?

ホームページを持っていることが当たり前になった現代では、とりあえず公開すれば何かしら反響があるという考えでホームページを作るのは時代遅れになっています。制作前にしっかりとコンセプトを考えることが重要です。

「内容(写真や文章・コンテンツ)に魅力があるか?」「ユーザーにとって価値のある情報か?」

情報量が無限に広がるインターネットの世界、ユーザーは常に質の高い情報を探していますので、ユーザーにとって価値のない情報は、見られることはありません。

「自社のホームページにどのような役割を与え活用するのか」をしっかり考えて作られているか?

ホームページを持っていることが当たり前になった現代では、とりあえず公開すれば何かしら反響があるという考えでホームページを作るのは時代遅れになっています。制作前にしっかりとコンセプトを考えることが重要です。

「ユーザーの導線(お問い合せページに誘導できない)が適切に作られているか?」

デパートなどでお手洗いを探すのに苦労したことありませんか?ここでは機能性のあるデザインができているかが問題です。ユーザーに対して重要なリンクなど全体のコンテンツに対して適切な関係ができていなければ、ユーザーは迷子になってしまします。

そもそも「ホームページに集客(seo対策など)できているか?」

検索エンジンは日々進化を遂げ、昔のような裏技が通用しなくなっています。検索順位が年々下がっている方は注意が必要です。ほったらかしにしているとドメイン自体の評価を下げてしまう可能性があります。
なかなか素人がチェックするのは難しいと思いますので、エングでは現在お持ちのホームページをコンサル会社やSEO業者ではなく制作会社としての立場からホームページの企画やサイト全体の設計、デザイン設計、運用・管理にわたるトータル面での診断を無料で致しております。ホームページの効果を実感できない方は、エングにご相談ください。福岡市の方はすぐにお伺いできますし、福岡県外の方でも無料で診断いたします。まずはお気軽にご相談ください。 次の項ではホームページの運用について考えていきます。

次へ(運用成功の心得)