メニューを開く

2019年度(平成31年度・令和元年)「小規模事業者持続化補助金」公募開始!

助成金・補助金

fbbcf6b6ac173983332838bf91433700_m

「小規模事業者持続化補助金」いよいよ昨日の2019年4月25日より公募が開始されました!
例年では3月初旬〜には開始されていましたが、今年度はなかなか公募が開始されずに皆さんまだかまだかと待ちくたびれたほどでした。
当記事のタイトルには平成31年度と書いていますが、今回の補助金は「平成30年度の補正予算」になります。
それでは今年度も内容はあまり変わっていないのですが補助金の概要を見ていきます!

    

「小規模事業者持続化補助金」とは

この補助金は商工会議所の管轄地域内で事業を営んでいる「小規模事業者」に対し、販路開拓のための取り組みに対しての経費を一部負担してくれるというものです。
補助対象者であり、補助対象事業であれば補助金をいただけるというありがたいものですので、申請しない手はないですね。
もちろん補助金を受けるためにはしっかりとした経営計画書と補助事業計画書を作成する必要があります。
平成30年度第2次補正予算 小規模事業者持続化補助金

     

「小規模事業者持続化補助金」概要

公募期間・スケジュール

受付開始:2019年4月25日
申請締切:2019年6月12日
採択結果:2019年7月末頃
補助事業実施期間:交付決定日から2019年12月31日まで

補助対象者

商工会議所の管轄地域内で事業を営んでいる「小規模事業者」

小規模事業者とは下記のように定義されています。
商業・サービス業(宿泊・娯楽業除く) / 常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 / 常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他 / 常時使用する従業員の数 20人以下

対象となる事業

「経営計画」に基づいて実施する販路開拓等のための取組事業。
または販路開拓等の取組とあわせて行う業務効率化(生産性向上)のための取組事業。

補助率

2/3

補助額

上限額 50万円
75万円以上の補助対象となる事業費に対し、50万円の補助
75万円未満の場合は、その2/3の金額を補助

補助対象経費

●機械装置費 ●広報費 ●展示会出展費 ●旅費 ●開発費 ●資料購入費 ●雑役務費 ●借料 ●専門家謝金 ●専門家旅費 ●車両購入費(買物弱者対策のみ) ●設備処分費 ●委託費 ●外注費
     

今回大切なのはスケジュール!

冒頭で書いたように、今回は公募の開始が例年よりも随分と遅れました。
そのため全体のスケジュールがずれ込んだものの、補助事業の実施期間は例年と変わらず2019年12月31日となっています。
一番注意しないといけないのが、受付開始から締切までが48日間しかないというところです。
例年2か月以上はあり、昨年だと69日間あったものが、今回は48日間と短く設定されています。
明日4月27日からの10連休を考えると、この期間はさらに圧迫されることとなります。
  
この補助金を申請するためには地域の商工会議所にて「事業支援計画書」の作成・交付を依頼する必要があります。
そのため最低2度ほど商工会議所に出向くための予約が必要となってきますが、募集期間の後半になると予約が殺到し予約が取れない状況になります。
準備は6月に入ってからでいいかな?なんて思っているとまず間に合いません。
絶対的に準備はとにかく早めに取り掛かることをお勧めします。

ホームページ制作に使える補助金です

以前も当ぶろぐに書きましたが、弊社ではこの補助金をホームページ制作に使っていただいております。
ホームページは販路開拓のための大切なツールで、経費としては広報費の扱いとなります。

・ホームページを新たに作り集客したい
・現在のホームページがずっとほったらかしで活用できていないのでこの機会にリニューアルしたい
・現在のホームページでは全く集客できないのでリニューアルして集客をしたい
・新たな事業や取り組みを開始するのでホームページを作りたい
・ブランディングのためにも役割を担ってくれるホームページを作りたい
・現在のホームページがスマートフォン対応していないので対応したホームページにしたい
など。

上記のような場合この補助金は利用できます。
     

補助金申請して採択されるためのコツは?

この「小規模事業者持続化補助金」は申請しても必ず補助金がもらえるものではありません。
補助金をもらうためには審査を通過する必要があります。
その審査を通過するために必要なのは、それほど「補助事業計画書」の内容がしっかりとしたものであるのかというところにかかっています。
何度か申請をしたことがある方ならコツも掴めてきますが、初めての方には少し面倒でわからない部分も多々あるかと思います。

エングではこれまで補助金申請のお手伝をし、採択された実績が多くあります。
「補助事業計画書」のまとめ方や採択のためのコツなど、お伝えしながら申請から採択までのお手伝いをさせていただいております。
    

今回はとにかくあまり時間がありません。
補助金を利用してホームページを作りたいとお考えの方、補助金申請の段階からサポートさせていただきますので是非ご相談ください。
再度言いますが、「今回は絶対的に早めの準備をオススメします!」